酒粕

奥飛騨酒造『板粕』

奥飛騨酒造『板粕』

奥飛騨酒造『板粕』

奥飛騨酒造『板粕』

甘酒エバンジェリストの藤田みどり(@_fujitamidori)です。

今日は、奥飛騨酒造『板粕』の紹介です。

 

藤田みどり
藤田みどり
『板粕』は、清酒の酒粕で数量限定品です。

 

奥飛騨酒造

1720年江戸時代の享保5年創業し、これまで300年以上にわたって伝統を守っている飛騨金山町で酒造りをしている会社です。

公式ページ

『板粕』のラベルデザイン


透明のパッケージに濃紺のラベルが印刷されています。奥飛騨をイメージさせる建物が描かれています。

『板粕』のパッケージの中身


『板粕』の透明の袋を開けると、形のきれいな板粕が数枚入っています。

軽やかなフルーティーな香りがします。

甘酒の作り方


甘酒の作り方は、パッケージの裏に記載されています。

酒粕甘酒の作り方は、自分の好みで分量を変えられるのも楽しみです。

 

藤田みどり
藤田みどり
はじめはパッケージにある甘酒の作り方で作り、次は酒粕を多くしたりして楽しんでいます。

 

 

 

『板粕』で作った甘酒を飲んだ感想


一人前の分量の酒粕をちぎってお鍋に入れ、ひたひたになるくらいのお湯を入れます。5分ほどこの状態で置いときます。

弱火でオタマで酒粕を潰すように混ぜます。

 


お砂糖を入れます。

 


残りの分量のお湯を入れて、一煮立ちさせます。最後に少量の塩を入れます。

 


カップに注げば、『板粕』で作った酒粕甘酒の出来上がり!

 


お米の粒が残っているタイプで、飲む時に食感を少し感じます。

 

藤田みどり
藤田みどり
一口飲むと、じんわりとまろやかな酒粕の風味が口の中に広がる『板粕』で作った酒粕甘酒です。尖りがないのでとても飲みやすいです。

 

 

 

『板粕』の商品情報

商品名 奥飛騨酒造『板粕』
名称 酒粕
製造者 奥飛騨酒造株式会社
原材料 清酒酒粕(米(国産)、米糀(国産米)、醸造アルコール)
内容量 1kg
ABOUT ME
藤田翠
藤田翠
産後、自律神経失調症で悩んでいた時に甘酒に出会う。甘酒が飲んだことで症状が良くなり甘酒の虜に🥰そのことがきっかけで甘酒エバンジェリストとして甘酒サイトを運営しています💕