酒粕

大七『生もと純米大吟醸酒粕』

大七『生もと純米大吟醸酒粕』

甘酒エバンジェリストの藤田みどり(@_fujitamidori)です。

今日は大七『生もと純米大吟醸酒粕』の紹介です。こちらは特別限定品になります。

大七

稀少となった正統的醸造法「生もと造り」の全国随一の担い手として評価を確立した酒造です。

公式ページ

『生もと純米大吟醸酒粕』の箱の中身


箱を開けると『生もと純米大吟醸酒粕』が入っている瓶が見えます。

 


瓶の蓋のカバーは金を基調としたデザインに、落ち着いた紺色で大七の文字が。今まで頂いた酒粕にはない高級感があります。

 

 

藤田みどり
藤田みどり
『生もと純米大吟醸酒粕』は、酒米の王『山田錦』で醸し上げた生酛純米大吟醸の酒粕を、低温で長期間に渡りじっくり熟成させた酒粕です。

 

『生もと純米大吟醸酒粕』の瓶の中身


瓶の蓋を開けるとしっとりした酒粕が見えます。

 


じっくり熟成させたとこもあって、とても柔らかくややベージュに近い乳白色の酒粕です。そして香りはフルーティーだけれども、熟成により尖った香りではなくまろやかで優しいです。

 

 

『生もと純米大吟醸酒粕』で作った甘酒を飲んだ感想


『生もと純米大吟醸酒粕』はとてもしっとりしているので、スプーンで酒粕をとってお鍋に入れます。ひたひたになるくらいのお湯を入れてオタマでかき混ぜます。

 


砂糖、残りの分量のお湯を入れます。

 


一煮立ちさせ、ほんの少し塩を入れてかき混ぜたら、『生もと純米大吟醸酒粕』で作った甘酒の出来上がりです。

 


米麹の粒も入っていないため、口当たりの優しい甘酒です。

 

藤田みどり
藤田みどり
『生もと純米大吟醸酒粕』で作った甘酒を一口飲むと、熟成されたまろやかな甘さがを感じます。そしてお酒の美味しい香りと風味が広がる『生もと純米大吟醸酒粕』です。

 

藤田みどり
藤田みどり
『生もと純米大吟醸酒粕』で作った甘酒を飲んでいる私を見て、夫は『甘酒も良いけど、そのお酒が飲みたい』と言うくらい香りが良かったようです。

 

 

 

『生もと純米大吟醸酒粕』の商品情報

商品名 大七『生もと純米大吟醸酒粕』
名称 酒粕
製造者 大七酒造株式会社
原材料 米(国産)、米麹(国産米)
内容量 550g
カロリー (100g当たり)
203kcal
栄養成分 (100g当たり)
たんぱく質・・・5.1g
脂質   ・・・1.8g
炭水化物 ・・・32.1g
食塩相当量・・・0.007g
ABOUT ME
藤田翠
藤田翠
産後、自律神経失調症で悩んでいた時に甘酒に出会う。甘酒が飲んだことで症状が良くなり甘酒の虜に🥰そのことがきっかけで甘酒エバンジェリストとして甘酒サイトを運営しています💕