酒粕

福光屋『福正宗 純米大吟醸酒粕』

福光屋『福正宗 純米大吟醸酒粕』

甘酒エバンジェリストの藤田みどり(@_fujitamidori)です。

今日は福光屋『福正宗 純米大吟醸酒粕』の紹介です。

福光屋

福光屋は1625年(寛永2)創業の石川県金沢市で最も長い歴史を持つ酒蔵です。日本酒、焼酎、リキュールを作っていてその中で甘酒や化粧品も作っている酒造でもあります。

公式ページ

『福正宗 純米大吟醸酒粕』のパッケージデザイン


日本酒の思わせるシンプルなデザインです。黒のひょうたんが描かれ、酒粕と金色の文字があるためシンプルだけど迫力があります。

 

藤田みどり
藤田みどり
ひょうたんが描かれているのは、昔はお酒を冷たいまま保存するためひょうたんに入れていたからです。

 

『福正宗 純米大吟醸酒粕』のパッケージの中身


プラスチックの箱に入っています。パッケージを開けると瑞々しい酒粕のペーストが入っています。


スプーンで酒粕をすくうと、そのしっとりさがよくわかります。清酒の酒粕の多いフルーティーな香りではなく、まろやかだけど酒粕の熟成がすすんだ香りがします。

 

 

『福正宗 純米大吟醸酒粕』で作った甘酒を飲んだ感想


しっとりしている酒粕のためスプーンで酒粕をとり、お鍋に入れます。酒粕がひたひたになるくらいのお湯を入れてオタマでかき混ぜます。しっとりしているため、酒粕がお湯にすぐに溶けます。

 


砂糖(甜菜糖)を入れ、残りのお湯の分量を入れオタマで丁寧にかき混ぜます。

 


一煮立ちして塩をちょっと入れて、カップに注ぐと『福正宗 純米大吟醸酒粕』で作った甘酒の出来上がりです。

 


粒は入っていないため、口当たりが優しくしっとりした甘酒です。

 

藤田みどり
藤田みどり
普段目にする酒粕から作る甘酒とは違い、まろやかですが発酵した独特の風味を感じられる奥行きのある味です。好き、嫌いが別れる酒粕甘酒です。

 

 

藤田みどり
藤田みどり
三浦酒造『豊盃 大吟醸酒粕』の風味に近いです。この時はこうした風味の酒粕甘酒は初めて『ん?』と思い、残りは料理に使ってしまいました。今はいろんな酒粕甘酒を飲むうちにこうした風味の酒粕もまた美味しいなと感じています。

 

『福正宗 純米大吟醸酒粕』の商品情報

商品名 福光屋『福正宗 純米大吟醸酒粕』
名称 純米大吟醸酒粕
販売者 株式会社福光屋
原材料 米、米麹
内容量 450g
ABOUT ME
藤田翠
藤田翠
産後、自律神経失調症で悩んでいた時に甘酒に出会う。甘酒が飲んだことで症状が良くなり甘酒の虜に🥰そのことがきっかけで甘酒エバンジェリストとして甘酒サイトを運営しています💕