甘酒の保存方法

酒粕の保存方法

甘酒エバンジェリストの藤田みどり(@_fujitamidori)です。

今日は、酒粕甘酒の材料となる酒粕の保存方法についてのお話です。

 

酒粕の甘酒の作り方甘酒は原材料が酒粕、米こうじから作る2種類あります。この記事は原材料に酒粕を使う『酒粕甘酒の作り方』の紹介です。...

 

 

酒粕の保存方法

用意するもの

 

用意するもの
  • 測り
  • 保存袋
  • ラップ

 

藤田みどり
藤田みどり
酒粕は大容量サイズになると1kgと多くなり、また発酵も進むことからしばらく飲まない時は冷凍保存をオススメします。

 

藤田みどり
藤田みどり
測りと保存袋はこちらを愛用しています。

 

 

 

甘酒1杯分の量を測る


酒粕を甘酒1杯分の量を測定する。

 

藤田みどり
藤田みどり
酒粕の量は自分にとって使いやすい量を。50gは湯のみ1杯分でマグカップ1杯分は約100gになります。

 

酒粕をラップで包む


分けられた酒粕を丁寧にラップで包みます。

 

ラップで包んだ酒粕を保存袋に入れる


ラップで包んだ酒粕を保存袋に入れます。空気が入らないようにして冷凍庫に保存します。

 

藤田みどり
藤田みどり
私は冷凍保存した酒粕を1ヶ月から2ヶ月で使い切っています。

 

藤田みどり
藤田みどり
1杯分に分けて保存すると、いつでも手軽に酒粕甘酒を楽しめます。

 

 

ABOUT ME
藤田翠
藤田翠
産後、自律神経失調症で悩んでいた時に甘酒に出会う。甘酒が飲んだことで症状が良くなり甘酒の虜に🥰そのことがきっかけで甘酒エバンジェリストとして甘酒サイトを運営しています💕