甘酒甘味

金精軒製菓『大吟醸粕てら 笹一』

金精軒『大吟醸粕てら』

金精軒製菓『大吟醸粕てら 笹一』

金精軒『大吟醸粕てら』

甘酒エバンジェリストの藤田みどりです。

今日は、金精軒製菓『大吟醸粕てら 笹一(ささいち)』の紹介です。

 

藤田みどり
藤田みどり
『大吟醸粕てら 笹一(ささいち)』は、甲斐の地酒『笹一(ささいち)』の酒粕を使って焼き上げたカステラです。

 

金精軒製菓

山梨県の甲州街道の宿場街『台ヶ原宿』で和菓子を作っている老舗菓子メーカーです。 信玄餅を中心とする和菓子類の製造と販売をしています。

公式ページ

『大吟醸粕てら 笹一』のパッケージデザイン

金精軒『大吟醸粕てら』のパッケージデザイン
シンプルな白を基調としたデザインです。

左上には甲斐の地酒『笹一』の酒粕を使ったことを表す金のシールが貼られています。

 

藤田みどり
藤田みどり
甲斐の地酒『笹一(ささいち)』は、酒造に最適なお米『山田錦』を40%まで磨き上げ、芯の部分だけで醸した大吟醸です。

 

『大吟醸粕てら 笹一』のパッケージの中身

金精軒『大吟醸粕てら』のパッケージの中身
パッケージを開けると、『大吟醸粕てら 笹一』の説明書と、カステラの入った華やかな金の袋が入っています。

 

金精軒『大吟醸粕てら』のパッケージの中身
金の袋を開けると、『大吟醸粕てら 笹一』を包んだ白い箱が顔を出します。

 

金精軒『大吟醸粕てら』
白い箱を開けると、『大吟醸粕てら 笹一』が内包装に包まれているものが出てきます。

 

 

『大吟醸粕てら 笹一』を食べた感想

金精軒『大吟醸粕てら』
内包装を開けると、白いふんわりした『大吟醸粕てら 笹一』が見えます。

とても柔らかいので内包装は、ゆっくり剥がすのをオススメです。

 

金精軒『大吟醸粕てら』
『大吟醸粕てら 笹一』は、縦が約6.2cm、横が約20.0cm、高さが約4cmの大きさです。

 

金精軒『大吟醸粕てら』
内包装紙を剥がした途端、大吟醸『笹一』の香りがふわっと広がります。

爽やかな優しい香りです。

 

金精軒『大吟醸粕てら』
触ってみるとふわっとしていて、中心はほんのりしっとりしています。

何よりも想像している黄色いスポンジのカステラと違い、真っ白なのが面白い!

 

藤田みどり
藤田みどり
一口飲むと、柔らかくふわっとした食感とともに爽やかな酒粕の風味が口の中に抜ける『大吟醸粕てら 笹一』です。

 

藤田みどり
藤田みどり
中心はしっとりしていて、より酒粕の風味を強く感じたカステラです。酒粕の風味はとても優しいです。

 

 

 

『大吟醸粕てら 笹一』の商品情報

金精軒『大吟醸粕てら』の商品情報
商品名 金精軒製菓『大吟醸粕てら 笹一』
名称 焼菓子
製造者 金精軒製菓株式会社
原材料 卵白、砂糖、小麦粉、植物油脂、酒粕、蜂蜜、塩、膨張剤(原材料の一部に乳、大豆を含む)
内容量 1個 250g(焼成時)
ABOUT ME
藤田翠
藤田翠
産後、自律神経失調症で悩んでいた時に甘酒に出会う。甘酒が飲んだことで症状が良くなり甘酒の虜に🥰そのことがきっかけで甘酒エバンジェリストとして甘酒サイトを運営しています💕