甘酒

森永製菓『甘酒(しょうが)』

【甘酒】森永製菓『甘酒(しょうが)』(アイキャッチ)

森永製菓『甘酒(しょうが)』

【甘酒】森永製菓『甘酒(しょうが)』

森永製菓の『甘酒(しょうが)』の紹介です。

 

藤田翠
藤田翠
『甘酒(しょうが)』は、国産の酒粕と米麹のブレンド甘酒に生姜を入れてフリーズドライの甘酒です。お湯または水を注ぐだけでできます。

 

甘酒の特徴
  • ブレンド甘酒(米こうじと酒粕の甘酒)
  • 生姜甘酒
  • フリーズドライ(乾燥甘酒)

 

森永製菓

甘酒と言えば森永製菓。1969年にびんで登場し、1974年に缶で発売した森永甘酒です。そして日本で一番売れている甘酒とも言われています
※SRI 甘酒市場 全国 SM・CVS・DRUG 2017年9月〜2018年8月 指標:推計販売規模(金額)

公式ページ

『甘酒(しょうが)』のパッケージのデザイン

【甘酒】森永製菓『甘酒(しょうが)』(パッケージデザイン)
生姜の入った熱々の甘酒の写真が入ったパッケージデザインです。森永の赤缶甘酒のデザインも踏襲しています。

『甘酒(しょうが)』のパッケージの中身

【甘酒】森永製菓『甘酒(しょうが)』(パッケージの中身)
パッケージを開けると、個別包装が4袋入っています。

 

【甘酒】森永製菓『甘酒(しょうが)』(個別包装パッケージデザイン)
個別包装1袋で1杯分の生姜甘酒です。

甘酒の作り方

【甘酒】森永製菓『甘酒(しょうが)』(おいしい飲み方)
甘酒の作り方は、カップに個別包装に入ったフリーズドライを入れます。熱湯を100ml入れ、スプーンでかき混ぜると出来上がります。

 

 

『甘酒(しょうが)』を飲んだ感想

【甘酒】森永製菓『甘酒(しょうが)』(飲んだ感想)
個別包装1袋に入った、フリーズドライの甘酒をカップに入れます。

 

【甘酒】森永製菓『甘酒(しょうが)』(飲んだ感想)
熱湯を100ml入れて、すぐにスプーンでかき混ぜます。そうすると飲む生姜甘酒の出来上がり!

 

【甘酒】森永製菓『甘酒(しょうが)』(飲んだ感想)
お米の粒が少しと、千切りの生姜も入っています。

 

藤田翠
藤田翠
一口飲むと、生姜の香り、味とも楽しめる『甘酒(しょうが)』(フリーズタイプ)です。

 

藤田翠
藤田翠
そのまま飲む缶のタイプより生姜の風味が少し強く感じました。

 

 

 

『甘酒(しょうが)』の商品情報

【甘酒】森永製菓『甘酒(しょうが)』(商品情報) 【甘酒】森永製菓『甘酒(しょうが)』(栄養成分表示)
商品名 森永製菓『甘酒(しょうが)』
名称 乾燥甘酒
販売者 森永製菓 株式会社
原材料 酒粕、米麹、砂糖、デキストリン、しょうが、食塩、水溶性食物繊維、粉末しょうが/甘味(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、しょうが抽出物
内容量 190g
カロリー (100g当たり)
46kcal
栄養成分 (100g当たり)
たんぱく質・・・1.1g
脂質   ・・・0.17g
炭水化物 ・・・9.9g
ナトリウム・・・0.28g
ABOUT ME
藤田翠
藤田翠
産後、自律神経失調症で悩んでいた時に甘酒に出会う。甘酒が飲んだことで症状が良くなり甘酒の虜に🥰そのことがきっかけで甘酒エバンジェリストとして甘酒サイトを運営しています💕