甘酒

森永製菓『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』

森永製菓『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』

甘酒エバンジェリストの藤田みどり(@_fujitamidori)です。

今日は、森永製菓『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』の紹介です。

 

藤田みどり
藤田みどり
『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』は、8月21日に新発売された甘酒になります。

 

森永製菓

甘酒と言えば森永製菓。1969年にびんで登場し、1974年に缶で発売した森永甘酒です。そして日本で一番売れている甘酒とも言われています
※SRI 甘酒市場 全国 SM・CVS・DRUG 2016年9月〜2017年8月 指標:推計販売規模(金額)

公式ページ

『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』のパッケージデザイン

この甘酒は、『森永のやさしい米麹甘酒』の乾燥させた甘酒になります。

 

 

藤田みどり
藤田みどり
『森永のやさしい米麹甘酒』のデザインを踏襲しています。
ピンクと白を基調とした淡い色合いのデザインで可愛いですよね。

 

『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』のパッケージの中身

『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』のパッケージを開けると、個別包装が2個入っています。

 


個別包装はピンクを基調として、パッケージとは異なる可愛さです。

 


個別包装を開けると、ふわっと軽い乾燥甘酒が入っています。

森永の他の乾燥甘酒と大きく違うのは、乾燥甘酒の大きさです。2倍とまでは言いませんが、それに近いくらいの変化です。

大きさは約5.5cm×7cm、厚さは約1.8cmになります。

『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』の作り方


『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』に、80mlの熱湯、またはお水を入れてかき混ぜるだけで出来上がります。

 

藤田みどり
藤田みどり
甘酒を美味しくポイントがあって、お湯を注いだ後に1分間待つことです。

 

 

『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』を飲んだ感想

乾燥甘酒は、触るとペタッとした触感です。お米の甘い香りがします。

『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』をカップに入れると、大きいサイズなのではみ出してしまいます(汗)

 


カップに熱湯80mlを注ぐと、注いでいる側から乾燥甘酒が崩れていきます。見ていて面白い。

 


スプーンでかき混ぜると、『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』の出来上がりです。

出来上がった甘酒は、ベージュに近い乳白色です。ほんのり麹の香りと、お米の香ばしい香りがします。

 


お米の粒が入っているタイプの甘酒で、粒の食感を楽しめます。

 

藤田みどり
藤田みどり
一口飲むと、香ばしい優しい麹甘酒の風味と香りが広がり、粒も一緒に飲むことでお米の香ばしさも同時に楽しめる『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』です。

 

 

藤田みどり
藤田みどり
お湯を入れた直後に飲むと、お米の粒がちょっと固めで食感がまた面白いです。1分間待って飲むと、お米の粒がとても柔らかくなって優しい食感になります。

 

 

『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』の商品情報

商品名 森永製菓『森永のやさしい米麹甘酒(フリーズドライ)』
名称 乾燥甘酒
販売者 森永製菓株式会社
原材料 米麹、米あめ、米粉、食塩
内容量 2個
カロリー (1個(標準21.5g)当たり)
85kcal
栄養成分 (1個(標準21.5g)当たり)
たんぱく質・・・1.2g
脂質   ・・・0.1g
炭水化物 ・・・19.7g
食塩相当量・・・0.27g
ABOUT ME
藤田翠
藤田翠
産後、自律神経失調症で悩んでいた時に甘酒に出会う。甘酒が飲んだことで症状が良くなり甘酒の虜に🥰そのことがきっかけで甘酒エバンジェリストとして甘酒サイトを運営しています💕