甘酒

今岡製菓『冷やし甘酒』

今岡製菓『冷やし甘酒』

甘酒エバンジェリストの藤田みどり(@_fujitamidori)です。

今日は今岡製菓『冷やし甘酒』の紹介です。

 

藤田みどり
藤田みどり
『冷やし甘酒』は有機酸・アミノ酸を多く含んだ灘の酒蔵大関の酒粕が使用されている甘酒になります。

 

今岡製菓

広島県にある、国産原料にこだわり商品開発を行なっている会社です。しょうが湯、レモン湯など粉末商品を多く作っています。

公式ページ

『冷やし甘酒』のパッケージデザイン


『冷やし甘酒』らしい、水色と白を基調とした色でとても涼しげなパッケージです。中央は酒粕甘酒なことから、とっくりが描かれ、その中には浴衣の模様にもありそうな和風の花が描かれています。

『冷やし甘酒』のパッケージの中身


パッケージの中には、1袋15gの『冷やし甘酒』の粉末が4袋入っています。

『冷やし甘酒』の作り方


1袋に対して、冷水を100ml入れて作るタイプの粉末甘酒です。

 

藤田みどり
藤田みどり
甘酒の作り方に、かき混ぜるほどトロミが増すとありますが、葛が入っている甘酒のようなトロミではなく、なんとなくトロミがあるかなというくらいになります。
冷蔵庫でしばらく冷やすと、トロミが出ました。

 

 

『冷やし甘酒』を飲んだ感想


『冷やし甘酒』の個別包装1袋を、カップに入れます。

 


生姜が入っていることで、やや黄色みのある粉末です。生姜のツーンとする良い香りもします。

 


カップに、冷水100mlを入れます。

 


スプーンでかき混ぜると『冷やし甘酒』の出来上がりです!

 


出来上がった直後は、サラサラした甘酒です。キーンと冷えた甘酒が飲みたく、冷蔵庫で1時間近く冷やした後見ると、少しトロミが出てきました。

 

藤田みどり
藤田みどり
生姜のツーンとした香りの後、甘い香りが広がります。一口飲むと、トロミとともにほんのり酒粕の甘さが広がり、後に優しい生姜の味がする『冷やしまあ酒』です。生姜の味は、香りほどパンチ力はなく優しい味わいです。冷えてトロミが出た甘酒は、オヤツとして頂きました。

 

 

 

『冷やし甘酒』の商品情報

商品名 今岡製菓『冷やし甘酒』
名称 粉末甘酒
製造者 今岡製菓株式会社
原材料 砂糖、粉末酒粕、でん粉、食塩、生姜粉末、加工デンプン、ビタミンC
内容量 60g(15g × 4袋)
カロリー 1杯分(15g)当たり
59kcal
栄養成分 1杯分(15g)当たり
たんぱく質・・・1.0g
脂質   ・・・0.2g
炭水化物 ・・・13.3g
ナトリウム・・・26.0mg
カリウム ・・・10.7mg
ABOUT ME
藤田翠
藤田翠
産後、自律神経失調症で悩んでいた時に甘酒に出会う。甘酒が飲んだことで症状が良くなり甘酒の虜に🥰そのことがきっかけで甘酒エバンジェリストとして甘酒サイトを運営しています💕